*ステージ出演者情報*

*出演者情報は随時追加いたします
*出演時間は変更になる場合がございます

6/4(土)

12:15~
AKIKO(フラダンス)

13:00~
シニア音楽クラブ(フルート、ハーモニカ等)

 

14:00〜

01.高松 彩(freedom set)

takamatsuaya

シンガーソングライターfreedom setとして、福岡市内を中心に、
九州内外、韓国釜山での公演など、幅広く演奏活動を行う。

また活動内容も幅広く、CM楽曲提供、ジャズミュージシャンとのセッションライブ、
舞台女優、自主企画イベント『ヒラモニ』の運営等、その活動は多岐に渡る。

アルバム『feelng in color』好評発売中。

その歌声と楽曲は、聴く人に癒しと安らぎを与える。

http://www.ayatakamatsu.com


14:40〜
02.タヒチアンダンス

*詳細情報はしばらくお待ちください


15:40〜
03.SKA☆ROCKETS

skarockets.jpg

SKA ROCKETS | スカ・ロケッツ
1995年に結成。
福岡市を拠点に活動するジャマイカンミュージック楽団。
スカ、ロックステディ、レゲェ、カリプソを基本に楽曲を制作。
一度聴けば踊りださずにはいられないそのバンドサウンドは、子供から大人、老若男女とわずに、ジャマイカ音楽の持つエネルギーと興奮を伝える。

近年ではライブハウス、野外フェスといったライヴイベントへの出演のみに留まらず演劇やダンス、アート、といった表現形式の異なるアーティストとジャンルの壁を越えたコラボレーション活動も精力的に行っている。


17:00〜
04.瀬戸口 恵(せとぐち めぐみ)

setoguchimegumi

1988.9.9生まれ 長崎県出身。高校卒業後福岡へ移り歌を始める。
様々なスタイルで活動後、現在はソロのみならず
velvet peach sevenやchang sings cinematic orchestraのメンバーとして、
またゲストボーカルやコーラスでのサポート等その活動は多岐に渡る。

九州最大級の野外フェス『Sunset Live』への連続出演や、
様々なアーティストとのコラボ・セッションなど、福岡市内のLive Barを中心として活動を展開中。その時々のスタイルで紡ぎ出される音楽は一貫して聴く人の心に語りかけ、
飾らない歌声とその楽曲で日々に寄り添う音楽を 描く。


05.高石 純二

takaishijunji

日常と非日常を行き来する歌たち。
孤独感をドラマティックに描いた作風と独特なリズムを効かせたメロディー、
ループする曲調が特徴。

カフェ、バー、ライヴハウス、イベント、フェス、民家、お寺…
ギターとハーモニカを持ってどこでも歌う。

2013年9月に3枚目のアルバム「Life is Beautiful」を発表。

2015年4月から隔月で今泉のCocoperiにて「今泉サミット」を開催。
県内県外の気になるミュージシャンたちが出演。
2016年6月4、5日福岡市新宮のみかみ農園にて行われる「SUNRISE FESTIVAL in 的野」の実行委員。ステージ出演者のブッキング等を担当。

現在4枚目のアルバムをレコーディング中。
https://soundcloud.com/junji-takaishi/ver2-demo


18:25〜
06.brown bems

brownbems

2009年4月、鶴田翼(Gt.vo)と中津康志(Ba.vo)の2人でbrown bems(ブラウンベムズ)を結成。
福岡を中心に活動を続け2012年6月ファーストアルバム「ACTUAL FEELING」を発売。

同年8月、川原佑生(Gt)と不破毅士(Dr)が新メンバーとして加入後、
「アンビエントでフォーキーなサウンド(風景を描く音楽)」をテーマに
マイペースにライブ活動を展開している。


19:20〜
07.フュージョンベリーダンス

*詳細情報はしばらくお待ちください


6/5(日)


11:15~
SKIPBOX(ダンス)

13:00〜
08.西村 周平

nishimurashuhei

季節・風景から見える色を空間系EffectやLoop等を駆使し、
音へと紡ぎ上げる演奏への探求を始め、絵画・ 映像・DJ・ヨガ・朗読とのコラボレーションなどcafeやギャラリーを中心に演奏活動している。

2014年7月、全五曲入りmini albumを発表。
その音は、日々の暮らしに寄り添う音楽としてcafeやbar、アトリエなどで好評を得ている。
2015年10月、福岡の文房具店”ソワレ”展示会の音楽を制作、限定CD”The Dress Bridge”発表。

また、ウクレレ弾きzerokichi氏とのユニット”CYLVAC”や、
アニメーション作家 馬場通友氏とのプロジェクト”LOOP CONNECTS”での活動も。
自分のねじを。誰かのねじを。世界のねじを。音で繋がり、広がる世界。
 http://guitarras-shu.jugem.jp
http://soundcloud.com/nejimaki


14:00〜
09.
喜多崎 幸弘

13181008_872835602842623_644181334_n-2

*詳細情報はしばらくお待ちください


15:00〜
10.Saara

Saara

乾いた風吹くヨーロッパ 多次元インドに熱帯のタイ
場所にとらわれることなく その場所の空気、ひとを取り込み
そのとき限りのone&onlyなエネルギーを体いっぱい表現する
懐かしいような旋律と 次から次へ変わる表情と声色

2011.3.11を機に義援金を集めるべく、イギリスの路上から始まったSaaraの唄旅。
様々なミュージシャン、アーティストとのエネルギー交換アップデートを重ね、
今日もどこか風吹くままに。

2011年にアメリカのニュース番組Democracy now!のエンディングソングにhomeが使用される。
その他イギリスの雑誌や新聞、ラジオなどに多数出演。

2012年に帰国後は福岡を中心に活動を始め、
その年のサンセットライブに一般枠として200組以上の応募を勝ち抜き最終日に出演。

2013年夏にファーストアルバムPlay for the worldを発売、初の全国ツアーを敢行。

2014年1月、2015年3月にはインドツアーへ、現地の祭りやカフェ、ホテル、高校でライブをし、現地の新聞に取り上げられ話題となる。

主なステージとしては、サンセットライブ、中洲JAZZ、博多駅光の街クリスマスマーケットに出演。小学校や老人ホームの慰問から、さびれた街の酒場までSaaraの唄旅はどこまでも。


16:10〜
11.チャーリービーンズ

charliebeans

2007年にチャーリービーンズの前身となるバンドをVo.チャーリーが結成。
メンバーの入れ替わり後現在の体制に落ち着く。
熱く、スパイスの効いた演奏とチャーリーのヴォーカルが70’s SOULを思わせる
今最も注目されている20代の福岡発SOUL BAND。

九州各地で勢力的に活動を展開中。福岡ではラウンジサウンズやSunSet liveをはじめ、
パーティの様な盛り上がる場でのパフォーマンスが特に定評があり
好んで呼ばれる事が多く年間約120本以上のLIVEをこなす。

LIVE形態に囚われず、アコースティック編成やBARでの演奏も数多くこなす。
1st mini album『Wake up』が2013.5.22より全国タワーレコードにて発売中。
初登場週でタワレコ九州チャート4位、そして翌週には2位を獲得という快挙を成し遂げる!!

定期的に開催しているイベント「PANDORA」では音楽の根本的な楽しさと
エンターテインメント性に着目したアーティストをピックアップし
毎回イベント集客100人以上を記録、現在も数字を伸ばし続けている。


17:15〜
12.AMAMJAUBB
13214546_876845305774986_995725273_o

AMAMJAUBB(アマンジャブ)
奄美大島出身、1998年活動開始、旅を住処にしたUFOバンド。
これまでにスタジオ/ライブ盤合わせ10枚以上のタイトルをリリース。
国内はもとより、オーストラリア、台湾等でもツアーを行う。
AMAMJAUBBはさらなる音楽の桃源郷を目指す。
http://amamjaubb.com/


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中